葉酸にはタンパク質や核酸の合成に働きかける効果があると前述しましたが、妊娠中には他にも重要な効果があります。
そのひとつに胎児の神経管閉鎖障害という先天性疾患が生じるリスクを低くする働きがあります。

神経管閉鎖障害とは脳や脊髄の元となる神経管と呼ばれる細胞が塞がってしまうことで、脳や脊髄が正常に発達しなくなり、二分脊椎症や無脳症という疾患を引き起こします。
二分脊椎症は神経管が塞がることで脳からの指令が身体に伝わらくなり、歩行障害や運動障害が起こってしまう以外にも生理現象である排尿や排便が出来ないこともあり、日常生活に大きな支障を与えてしまいます。

無脳症は脳が正常に作られず、大部分が欠損する病気です。
胎児であるうちは脳以外は順調に生育しますが、脳が形成されていないため出産しても生きていくことが出来ず死産となってしまいます。

この疾患は妊娠初期に葉酸不足になることで発症リスクが高くなることが分かっています。
妊娠初期は器官形成期と言い、心臓などの臓器をはじめ脳や脊髄が発達する大切な時期です。

この時期に葉酸をしっかりと摂ることで胎児の細胞分裂を助けることで成長を促すことが出来、神経管閉鎖障害のリスクを軽減することが出来ます。
しかし妊娠初期はまだつわりなどの症状も出ていない人が多く、自分が妊娠をしていることに気付きにくい時期でもあるため、妊娠を希望している女性は普段から摂取することを意識することが望ましいと言えます。

また男性も摂取することで精子の染色異常が起きにくくなることも分かっているので、夫婦一緒に飲むことをおすすめします。

葉酸サプリ 比較ランキング