葉酸には自然界に存在するポリグルタミン酸型と、人工的に合成されたモノグルタミン酸型の2種類があります。
前者は食品に含まれているものなので、日常的に食事から摂取している葉酸はこちらになります。

しかしポリグルタミン酸型は前述したように調理過程で流出しやすく、吸収率も50%程度と低いため効率的に摂取することは難しくなっています。
そこで吸収率を上げるために作られたのがモノグルタミン酸型、つまり葉酸サプリメントになります。

葉酸サプリメントにも食品から作られたものと化学物質から作られたものがありますが、どちらも吸収率は85%程度となっているので効率よく葉酸を摂取出来ます。
しかしどちらかというと食品から作られたものの方が消化器官の負担は少なくなるので、購入する際には食品由来か確認するのが好ましいです。

また葉酸は妊娠初期で1日400μg必要と言われており、これは生のほうれん草を400g食べないと摂れない量となっています。
しかしサプリメントにすることで非常に簡単に摂れるため、つわり中でも無理なく飲むことが出来ます。

メーカーによっては葉酸だけではなく、他のビタミン類や鉄分など妊娠期間中に不足しやすい栄養素が含まれているものが数多くあります。
中でもビタミンB12やビタミンCは葉酸と一緒に摂取することで、より葉酸の吸収や働きを助けてくれます。

別のサプリメントをわざわざ飲まなくても良いように工夫されているのも、葉酸サプリメントならではの特徴と言えます。

葉酸サプリ 比較ランキング